2009年4月21日火曜日

エンジン周辺 6

エンジン周辺のディティールを追加してますが、実際こんなデカいエンジン周りって相当熱いでしょうね。実は当初このような箇所にメカってあるのかな?と疑問を持ちました。寧ろ船体に影響しないよう熱対策パネルが貼られているという解釈が妥当でしょう。しかし模型的に見ると面白くないし、やっぱやるっきゃないっしょ!ってな事で製作は続く・・・

先日アップした時から多少追加し、右舷側にもほぼ同様の工作をしてます。やっぱ見えないです(笑

その他の部分にも浸食させて行きます。先ずは左右共大きめなジャンクを入れて様子見です。
右舷側にエンジンを取り付け見えそうな隙間を確認・・そう言えば未だにチビっこエンジンを仕上げてない事に気付きつつ・・左舷側にジャンクを詰めて行きます。上甲板を付けたり外したりしながらなんで結構気を使う・・おまけに大きいのでそこいら中に打つけたりで神経すり減らし気味。そう言えばフクイさんが「塗装までの作業を考慮し、持ち手を付けた方がいいよん!」とおっしゃっていた事を思い出しましたよ・・

4 件のコメント:

ROKUGEN さんのコメント...

ISDを思わせるディテールですね(^^♪
いやいや、いくら隠れてしまっても効果あると思います!!覗き込むのが楽しみです・・ムフフ♪

GillesV27 さんのコメント...

ROKUGENさん やっぱSDと言えばISDですもんね・・
スカルプ・・とクロニクルは常に手元にあるのでつい真似
っぽいディティールが入り込むわけで。。ま、同じ設計士
がベネター級の反省点を踏まえてISDを建造したはずなの
で、試験用プラットフォーム用のベネター級SDと思って
ご覧下さい!
あぅ・・ROKUGENさんも覗きますね・・(汗

フクイ さんのコメント...

ガリガリやってますね!!
なんか見ていて懐かしい気持ちに…

持ち手&作業済みのエッジ部分のマスキングテープによる保護はおススメです!
僕も相当ぶっつけましたんで!!

GillesV27 さんのコメント...

フクイさん ボリボリやってます!
私も早くその域に達したい!可能であれば、フクイさん、
ヤタさんのと私の3隻並べて感傷に浸りたいです。
是非とも宜しくお付き合いお願いします!
エッジというか作り直したフラップが非常に危険です。。