2016年6月7日火曜日

バンダイ 1/48 X-Wing "RED3へ改造" 2

バンダイX-WingをRED5からRED3へ改造するの第2回は機体後方のメカ部分と電飾を先に片付けておきます。

先ずはRED5特有の四角いパーツを削り落とす所から。1/72キットは別パーツになっていて接着しなかったら他の機体ではそのまま使えたのにね・・ちょっと面倒になってしまいました。
ディティールは基本プラバンやプラ棒で再現して行きますがそれでは難しい所はおゆまるで複製して瞬着パテで作ります。プロップの金色のパーツはノズルセットにあった形状が似ている物を使用しました。で出来上がったのがこちら。
基本他の機体と同じですがちょびっと違う所が楽しいですね!パッと見て気がつく方もそうは居ないのが悲しいけど、気が付かれると凄く嬉しいポイントです。

続いて電飾を。このキットはベースに機体をセットしてスイッチ入れるとエンジンとコクピットが光り、それぞれのボタンで翼開閉とプロトン魚雷発射と楽しいギミック付きでX-Wing好きな私なんかは大喜びしちゃいました。が、電池駆動もあって暫くしたらエンジンが消えちゃうんですよね・・省エネ仕様。

なので今回はコクピットの追加電飾で作る追加回路にエンジンも追加しちゃいます。って書くと面倒に見えますが、やる事は単純。電池からプラス・マイナス配線をもう1セット追加し元の基盤からエンジン用のLED配線を外しこちらにつなぎ替えるだけ。駆動ユニットに組み込むのは多少手間が掛かりますけど中を這わせるだけです。
先ずは今回もキット付属のベースは使わないので必要パーツだけ取り除きます。
元の基板から外したエンジン用LEDを2個で1つのCRDで光らせます。それとコクピット内を追加で光らせる用の白LED。それぞれのCRDは収縮チューブに隠れています。
元の基板はコネクタ接続ですが今回の別回路はこのように接続させます。
ベースの機体を押さえる所に電極をおいて、機体側は矢印部分に。配線を露出させてそのまま使いました。
無事に発光(消えているのはプロトン魚雷用のLED)。これでエンジンは発光したままとなりました。メインスイッチは活かしてあるのでオフにすれば全部消えます。詳しくはRED2の項目を参照して下さい。
ベースに支柱を付けますが強度アップの為にプラパイプを入れておきます。ここに支柱をがっつり差し込むわけやね。機体をセットする際にかなり力が加わる箇所なのでしっかり目に作りましょう。この後プラバン箱組で基盤等々隠してしまいます。

ベースを製作致します。
今回はデススターサーフェス4枚分にしましたがRED2より少し高めで展示出来るようにしました。サーフェスのパーツ別売して欲しいですね。
塗装しておきます。

今回はこんな所で。また次回宜しくお願い致します!

2016年6月5日日曜日

バンダイ 1/48 X-Wing "RED3へ改造" 1

近日公開予定が長すぎるな・・なかなか記事にまとめられなかったバンダイ 1/48  X-Wingを前回製作したRED2に引き続き今度はRED3に改造する記事を書き始めます。Twitterにて昨年の11月頃にツイートしている分のまとめ記事となります。

RED中隊のREDリーダーからRED6までを1年1機作って行こう機会の第2弾です。って事で充分に資料のあるRED3を作ってしまいます。今年はなんとか作れる程の資料を揃えたRED4も引き続き製作予定ですがそれは上手く時間が取れればって所で。

それではRED3の翼周りから始めます。
手始めに機体を識別する赤いラインのチェックから。このキットはRED5を再現していますが画像と見比べていると位置と大きさが違う事がわかります。まずはプラバンで型紙を作っておきます。これを基準に各翼に入っているディティールを再現して行きます。翼4枚ともに別パーツになっている赤のパーツを接着し合わせ目を消しつつディティールを全て削り落としておきます。資料を見ながらプラバンで作りなおしたのが下の画像。
翼の上面です。
そのままひっくり返して翼の裏側。
RED5とは全く違いますね。RED3は資料があるので助かります。
続いて翼の後ろ側も結構違いました。
共通かと思ったら大間違い・・・RED4のこの角度の資料持って無いんですよね(^_^;)

今度はレーザーキャノンです。
ここの金属線部分を置き換えるのは定番工作。
レーザーキャノン後端部分も資料画像のように中からはえているようにしたいので同経のプラパイプをリューターを使った簡易旋盤で成形します。
左の画像の左が加工後、右がキットのままです。気持ちの問題かもw
自己満足かも。
金属線の所はプラ棒でがっちり接着しました。RED2の時は真鍮線にしましたが強度が無く取扱がシビアなので。RED3のプロップもポロポロ取れています。
次に砲身は真鍮パイプに置き換えました。RED2の時は少しテーパーがかったキットのパーツがカッコいいので砲身に穴を開けただけにしましたが今回は置き換えてみました。

長くなったので今回はここまでです。それではまた!

2016年5月8日日曜日

静岡ホビーショー 2016

早いもので来週は静岡ホビーショーです。
今年も変わらずDORO☆OFFにて参戦致します。
会場のレイアウトが多少変わりましたが大体いつもの場所でお待ちしています。

私の出展物についてはスターウォーズと”スペースネイビーヤード”物で5点程。

DORO☆OFFとしてはスペースネイビーヤードは勿論、スターウォーズ物は旧3部作からEp7まで幅広く展示予定です。その他の作品を含め今年もスペース目一杯様々な作品を並べて皆様をお待ちしています。ご質問等々可能な限りお答え致しますのでお気軽にお声がけ下さい。

そして今年もお願いが・・模型展示会でお会いした方々やツイッターで普段お付き合いがある方も出来ればお名前を頂戴頂けると助かります。当方C-3PO同様に時折メモリーをリセットされているようで(痴呆か?)お名前とお顔が一致しない時があります。ご迷惑をお掛け致しますが宜しくお願い致します。

それでは来週末宜しくお願い致します!!

2016年5月5日木曜日

カイロ・レン コマンドシャトル 6 完成!

今回で最終回。塗装して行きます。
船体及び翼は黒サフ→シルバー→黒サフを吹いています。真っ黒な機体なので最初の黒サフのみで終了でもいいんですが、それじゃ味気ないので多少手を入れてみました。
パネルをいくつかマスキングしてツヤ黒を吹いて色調を変えて行きます。

翼2枚の表裏ですがSWは基本左右非対称なので意識しこんな感じにしてみました。
続いてウェザリングしていきます。
①スポンジヤスリの800番くらいで下地にいれたシルバーを感じる程度に全体を研ぎだします。これで金属感と塗膜がヤレた雰囲気を出します。
②タミヤのスミ入れ塗料の黒でウォッシングしますが、ここでも全部のパネルに施さず一部のみに施して変化を付けてみます。
③拭き取りは翼に大して縦に。大体終わったらキムワイプを丸めてエナメルシンナーをちょっと染み込ませてスタンプを押す要領で再度拭き取り。
④資料を見るとハゲチョロっぽいイメージがあるのでエナメルのシルバーでちょいちょいっと。
クロスセクションに翼全体があったのでこれを参考にしています。右側の画像は塗り分けのみとの比較ですがSWっぽい感じになったかな。
船体の方もツヤ黒で塗り分けてこちらは紙やすりを使い下地のシルバーをエッジ中心に引き出してみました。
脚の裏はタミヤウェザリングマスターのサンドでちょい汚し。惑星ジャクーに行った後かな(^^)
完成です。
キットの方は翼が閉じていましたがやはり開いていた方がカッコいいので弄っています。大きく形状を変えたのはここのみ。
一部手を入れていますが、CGデータから作ったかのように見事に立体化されたキットです。
残念ながら国内入手は難しそうですがもし機会があったら是非!と全力でお勧めします。
シンプルな展示台を用意しました。来週の静岡ホビーショーではこんな感じで展示していますのでお時間がありましたらDORO☆OFFブースに遊びに来て下さい!

2016年4月27日水曜日

カイロ・レン コマンドシャトル 5 翼の製作

工作編もこれが最後!って事なので一気に書いてしまいます。ちょっと長めになりますがお付き合いのほど宜しくお願い致します。
その前に先日発売になりましたモデルグラフィックス誌6月号にて”バンダイ ビークルモデル001 スターデストロイヤー”を製作致しました。こちらも是非とも宜しくお願い致します!

では本題へ。シャトルの大きな翼には翼端全周に溝がありゴチャメカが入っています。しかも光っているというちょっとした目立ちポイント!かっこいいですよね。但し、残念な事に上半分はパーツ化されておらずです。とは言え全部流用パーツを入れて行くとSHSには間に合わない!ので、2mm幅で3cmで5パターン程作り複製してからランダムに組み合わせて行こうと考えました。
ゴチャメカの方はプラ材と流用パーツの組み合わせです。流用パーツは細かいので1/700の艦船用を使いました。これをプラバンに貼り付けて(一番左のは翼のトップに来るヤツ)おゆまるで型取りします。で、光硬化の透明レジンで複製していきます。
まあまあちゃんと複製出来るものですね。でも、1つの型でキレイに取れるのは3回くらいですかね。
黒サフで塗装してから接着して行きますが、先ずはキットの不要部分を切除しておきます。上がキットのままで下が加工後です。全周にゴチャメカが入るとやはりかっこいい!
電飾していきますが、資料を見ると白と赤の光が確認出来るのでいつも通りプラパイプに3mmLEDをそれぞれ仕込みパーマセルテープで遮光しておきます。光ファイバー(エスカ)はポイントになりそうな所には0.5mmをその他には0.25mmを使いました。

早速テスト!
船体の方はまだ塗装中なのでマスキングテープが貼ってありますがこりゃかっこいい!デカいし電飾模型としてのポテンシャルを感じますね。作ってよかった!

最後に細々とした所を。先ずはレーザーキャノン。
砲身はサクッと開口(てか溝)を入れておき、合わせ目を消して一体感を。で、オミットされているカバー?は流用パーツの増槽に同経の物があったので調整して接着しキレイに整形しておきました。
続いて翼の先端(になるの?)にある放電索を真鍮線と真鍮パイプの組み合わせで作ってみました(ちょっと曲がってますねw直します)。
翼を繋げる真鍮線と真鍮パイプは抜き差し中に塗装が剥がれてみっともなくなりそうなのでプラパイプでカバーしました。

以上で工作は全て終了です。次はいよいよ塗装です。真っ黒な機体ですが色調を変えたり細かく塗り分けられているようなのでちょっと楽しみ!!