2008年11月20日木曜日

甲板・・迷走中〜

私のマスターであるマスター・ヴァーゲアに常日頃言われてる「決めたなら行動しなさい」・・思い立った瞬間からリューターを手に取ってフラップ状の物を削ってしまいました。モデラー仲間間で囁かれている「削る前にもう一度考えろ・・」えぇ・・考えるのを忘れています。何を?「フラップを再現出来るのか?」。

図面を引いてプラバンに写し取りカット・・図面を引いてプラバンに写し取りカット・・・昨夜はどこぞのシンジ君のようにぶつぶつ言いながら甲板外縁部を製作しては失敗を繰り返しふて寝しましたが、今日は図面を引かず単純に直線部分を分割採寸してプラバンを切り・・貼り込んで行き右側画像部分のみパテを併用したら、なんともあっさりと完成!あ!おいらって図面苦手だったんだ〜キャハ!orz・・・
0.5mm厚のプラバンで外縁部を作り最終的に整形もしてるんで実質0.3mm厚の外縁部となりました。う〜ん・・ちょびっと低いかな??でも、ライトの当て具合でこのくらい影が出来るんでよしとしましょう!さ〜て、な〜んも考えて無かったフラップ部分の再生ですよ!
あ・・外縁部は2段階で高くなってますが、1段目はちょいと面倒くさい事になりそうなんでやめました。。

2 件のコメント:

ヤタ さんのコメント...

きれいですねー!
メカ的なメリハリもついて凄く効果的な工作だと思います。
んー悔しいなあ、私も気付いていれば(^ ^;
段差が無い自分のやつがいきなり古く見えてきました_| ̄|○

GillesV27 さんのコメント...

ヤタさん 模型的に迫力を出すとしたらちょっと低過ぎました。寧ろ段差付けた方が古く感じますよ〜しかし・・インペリアル級よりもヴェネター級に’愛’を感じる私は変なのかも・・orz