2014年3月6日木曜日

ガイペロン級多層式航宙母艦<バルグレイ> 完成

2ヶ月前の今頃は最終追い込み製作中だったな〜と思い出に浸りつつ・・完成画像をアップしておきます。
MG紙面にも書いたように、大きな三段空母は夢でした。近所のプラモデル屋のおじさんにメカコレの三段空母を指さして「これの大きいのは出ないんですか?」と何度尋ねた事か・・なので最初のテストショットを受け取り、組み終わった時の感動と来たらもう。。
製作の方向については、”もしヤマトの実写版が当時にあり、プロップが作られていたら?”をテーマにしています。ヤマト2199での設定を加味して「多段空母は結局採用されずガ軍工廠に放置されてたが、急遽出撃が決まった。バルグレイは先端に索敵強化のレーダーを装備中の段階で作業が止まっていたので船体パネルも無く、剥き出しで出撃した。」的な設定で第2、第3甲板横に”当時のプロップにあるゴチャメカ剥き出し”をこの艦に入れてみました。
現実にある物を再現するのがスケモの楽しみなのであれば、SFのプラモはこんな感じで遊んで見るのも楽しいと思います。設定に準ずるのも勿論アリだと思いますよ。確か劇中でも<ランベア>タイプの緑色のが3ヶ月掛けて帰ってくる艦隊の中に居たはずなのでランベアを緑色にして名前を付けちゃうのもアリですよね(^^)
左舷のレーダーについても強化されてるはず!とディティールを追加してみたり。
塗装については実戦経験や長い航海はしてなくてただ放置されていたのであれば、塗装剥げやススだらけよりはむしろ退色してムラになってるのかもと想像してみました。甲板についても同様で使用感は余り出さず、実戦配備が決まってからついたスス汚れ程度に留めました。色味については船体共々設定画になるべく近付けています。
中にデバッケが居るんですよ、、ここから見える辺りに隊長機が居ます。
電飾タイム!(^^)
甲板内の壁面や天井の照明はなるべく劇中の雰囲気を再現したかった。天井については光学繊維0.5mmを並べましたが、距離が短いので光りが拡散しなかったけれどちょっと面白い雰囲気になりました。とは言え、甲板内の撮影は難しいっす・・・
エンジンはスモーククリアなパーツを入れてくれたバンダイ様に感謝!ピンク色のLEDを仕込むだけでもバッチリです。
デバッケのエンジンに火が入ってる雰囲気にしてみました。
もしシュデルグを作る機会があれば、多段空母の中では大先輩なので使用感バリバリのイメージで作ってみたいですね。(今はいいや・・いつか)
ともかく、今回は仲間内で多段空母を手がけられたのはいい経験でした。DORO☆OFFの4人で”ドメル機動部隊”を再現出来るなんて数年前は想像も出来なかったし。
なわけで、バルグレイはこれにて終了です。
次は・・またまた感無量なアレです。お楽しみに!(^_^)

4 件のコメント:

tnmodele さんのコメント...

電飾がカラフル‼‼ とても素敵ですよぉ(^-^)
あとはどこぞやの会場で実物を拝見するのが楽しみ('◇')ゞ

GillesV27 さんのコメント...

>tnmodeleさん ありがとうございます!これからだとSHSですかね?是非見てやって下さい!宜しくお願いします!

ぴろんちょ さんのコメント...

いやぁ~お三方が机を並べてこさえたやうに統一感が半端無い作例でした。
すばらしいいぃぃ

GillesV27 さんのコメント...

>ぴろんちょ氏 ありがとうございます!ざっくりとは打ち合わせしましたけど、仕上りまでは調整出来ないですからね。やっぱ根っこが同じだとこんな時メリットありますね〜とは言え個々違うのでSHS辺りで見比べてくだされ!