2013年6月26日水曜日

艦首終わり・・船体開始

艦首の方は最後の大仕事です。先日取り付けた沢山の窓部分の上には庇があります。これはエッチングパーツの端を隠すのにも丁度いいので再現。0.3×1mmプラ材をエッチングに添わせて接着。
艦首下部にもディティールを入れてこんな感じとなりました。
艦首部分についてはメカ露出部分が別パーツとなっており、接着固定しますが、凹ラインを考慮した設計になっているので隙間が結構気になります。今回は一度埋めてしまい、スジポリし直しています。でもね、このパーツ凄く拘っていて、微妙なパネルの段差を再現出来るようになってるんですよ。気合入ってる!うれしい!
艦首の内部は電飾やスタンド設置用の仕込みをしてありますが、そちらはいずれご紹介します。
で、引き続き船体に移ります。ここはちょっと残念なお知らせ・・(^_^;)
画像を見ていただければ・・まあこんな具合(T_T) 船体からエンジンに繋がっていくパーツがこんな具合。(別パーツなのも残念だけど、仕方ないか?)
個人的にここ、船体からエンジンにつながるパーツはペガサスの特徴の一つだと考えていて、箱を開けたとき、かなり早い段階でチェック・・沈没した部分。
とは言ってもね、こんな事でヘコタレていたら、昔からSW、STの某社キットと格闘した先輩方に申し訳が立たないので地道に頑張ります。
先ずはもなかパーツを接着し、合わせ目処理。表面のディティールは削り落としました。
昔のガンプラで懐かしいスリットど真ん中合わせ目処理の定番、一度繰り抜いて裏側からプラバンで蓋をする方式で対応。このパーツ裏側が接着面になるので、裏側をすべて開口し作業しやすくしています。
でもって船体へ接着し、合わせ目を処理して作業完了!船体からエンジンが綺麗なラインでつながりました。(たこ?とか、ブロ◯っぽい?とか言わないように。)
このキット、素組で組んで塗装しただけで様になる素晴らしいキットだけに、ここだけはちょっと残念です。該当パーツを接着して、出来た隙間をパテで埋めるにもパーツ形状が違うのでかなりのすり合わせが必要でした。
ってな所で次回へ。

2 件のコメント:

ピコ さんのコメント...

言われるまで気付きませんでしたが、確かにブロケに似てるかな?^^;

でもこのディテールだらけの滑らかなカーブはカッチョいいです!
すり合わせお疲れ様でした^^

GillesV27 さんのコメント...

ピコさん ブロケって言った?(^^)
とは言え、このキット、他に何も手をいれる必要無いんだよね。(^_^;)