2014年2月26日水曜日

壁面照明と艦橋、第2甲板周辺の工作

ガイペロン級のキットは、素組で楽しむのであれば1時間程度あれば複雑な構造にもかかわらずサクサクと組める凄いキットですが、電飾を絡めるとちょっと事情が変わってきます。作業工程を考えると甲板を階層毎にブロック単位で進めた方が効率が良さそうなので今回は第2甲板を軸に組み立てる工程をご紹介します。
先ずは第2甲板を中心に第2甲板の壁面と第3甲板の壁面、艦橋、エンジンまでを1体化します。
1・壁面の照明を透明化。劇中のとはディティールが違いますが、キットの形状でもなかなか良いのでそのまま。先ずはキットの該当箇所を切り抜いてプラ棒を使って照明部位を抜きます。抜いた部分はクリアパテで埋めて照明を再現しました。(グリーンのパーツはキット、グレーが加工したパーツです。)
2・照明3つにチップLEDを1つを目安に配置し結線。チップLEDは秋月さんのサイドビューを使用しています。側面が光るタイプで薄いので便利!詳細はこちら
壁面パーツの裏側は黒、シルバーを重ねて塗装し、しっかり遮光。更に遮光用のパーマセルテープ(黒いテープ)を貼ってからチップLEDを固定しています。
3・船体内を照明ボックスのように光らせます。なるべくムラなく光らせたいので全体を銀色に塗装しておきました。サイドビューのチップLEDは白色なので、クリアな照明部にクリアイエローを塗装しています。
4・第4甲板も同じように製作しています。配線が見えますが、このようにブロック毎に作ったパーツを最終組立時に結線して行きました。
上記のように第2と第3甲板壁面を第2甲板を中心に纏めてしまいました。それなりに光ってくれたので一安心。(画像は照明部にクリアイエローを塗装していない時)
次に艦橋を作ります。
1・艦橋パーツをクリアレジンに置き換え、窓部分のみを使いキットパーツに接着し黄色のLEDと緑のチップLEDを設置。
2・劇中では羽?の先端が光ってますが、無理なので根本付近に0.25光学繊維を埋め込みました。
3・2の光学繊維を緑のチップLEDに接続。レーダーも薄くしています。
4・艦橋後端のトンガリの1本を延長しました。
艦橋の首?は船体パーツに接着し、多少ディティールを入れました。
これらを組立ていきますが、先ずは船体のパーツで第3甲板に固定する箇所をパネルラインに沿ってカットしています。上記画像でわかるかな・・(^_^;)
艦橋のみ先に塗装しています。窓をマスキングゾルでマスキングしてからしっかりと遮光出来ているかLEDを光らせたままで塗装しています。
エンジン部分も接着。第2甲板を軸にするとエンジンや船体パーツと甲板の間に出る合わせ目を消す事が出来ます。必ずしも合わせ目を消す必要は無いのですが、ここいらは好みで。
この後に第1甲板も固定してしまうので、甲板と艦載機(の1部)を塗装してしまいます。
今回はここまで。次回は左舷のレーダー等々のご紹介を予定しています。

2 件のコメント:

どろぼうひげ さんのコメント...

製作お疲れ様でしたー(^^)/
最終的には一緒でも、製作工程は全然違っていて面白いです(^^♪
このキットは電飾しようとすると一気に敷居が高くなりますね。
その分、完成した時は感動を味わえますが(^_^;)

GillesV27 さんのコメント...

>どろぼうひげさん お疲れ様でした!それぞれの考え方があって製作工程は楽しいですね!今回の電飾加工は大変でしたけど、満足度はトップクラス。映えますね!