2013年8月19日月曜日

フライトデッキ 2

フライトデッキ2回目はデッキ内部の照明と側壁です。
先ずは内部のピン等を切り飛ばし、フラットになるように整形。まったく見えなくなるのでザックリと。で、LEDを仕込む為の溝をタガネで掘りました。因みに画像は上側のフライトデッキです。下側(逆さまに付いてる方)は高さがありLEDを仕込む為の溝は不要でした。
で、その溝に今回初めて使う”パーマセルテープ 黒”を貼ります。
パーマセルテープとは撮影機材の目張りによく使われている物で、薄く、経年劣化に強く、温度変化に強く、絶縁も出来るって事で試しに買ってみた物です。因みにシュアーテープとも言われており、私が買ったのは堀内カラーHCL35963(パーマセルテープ)ですが、シュアーテープP743とまったく同じものでした。ちょっと高いですが25mm幅×55m巻なので多分一生使えますw
試しに10mmのLEDにペタっと貼るとこんな感じで遮光出来ます。厚みは標準的なマスキングテープと同等かちょっと厚いくらいかな。
続いてチップLEDを設置して・・
0.2mm透明プラバンにLEDの厚み+α程度の下駄を履かせた物の遮光箇所にパーマセルテープを、光らせる部分に中川ケミカルのイロミズを貼り、色調整しました。これはうすーい糊付きフィルムで色は各色10%50%100%と3階調選べるので前職でLEDの色み調整でよく使っていました。色抜けも無いので重宝します。
これを被せて接着・・これがフライトデッキの天井となります。透明プラバンの表面は荒らして光が拡散するようにしています。
そして側壁をプラバンで作り、ディティールを入れました。ディティールですが、開口部が狭く横から見る形になるので敢えて細かくせず大きな物で構成しています。天井に入れた物も同様の考え方です。
側壁を完全に再現したい方は、スピンオフ”RAZAR”でバイパーとヘビーレイダーが絡みながらフライトデッキに侵入するシーンをコマ送りすれば多少わかるかな?誰もやらないよね(^^)
そして光らせてみました。覗くのかなり辛いよ。ここに”コロニアル・ワン”っぽい船を置くといいと思います。やりたかったけどここは塗装し隠蔽しないと次の作業に移れないので泣く泣くオミットです。
先週ブログ更新出来なかったので2つ連投!
ではまた次回!

2 件のコメント:

ピコ さんのコメント...

ご無沙汰しております!
しばらくネットから離れた生活をしておりましたが、進みましたね~^^

そしてこんなテープがありましたか!
今までのアルミテープとの格闘を思えば、これはマストアイテムかも^^

あと2週間・・・楽しみにしております^^

GillesV27 さんのコメント...

ピコさん 今更ですがコメありがとうございます!
こちらは製作に追い込まれネットから離れた生活をしておりました・・
さあお話は今週末に!(^^)